ピアジェの認知発達段階説と4つの研究を解説

ピアジェの認知発達段階説

ジャン・ピアジェは、1896年に生まれ1980年に没したスイスの心理学者で、生物学の視点から人間の心の発達を検討し、学問に大きな影響を与え、発達心理学の父と呼ばれています。

子どもの認知・思考様式が各段階で違うとする認知発達段階説を提唱しました。

段階的発達を簡単に説明

感覚運動期(~2歳):言葉に対する機能が未熟で、感覚や運動を通して環境に適応する時期

前操作期(2歳~7、8歳):イメージを持った思考ができるようになる時期

 ー前概念的思考期:物事に対して安定した概念を持てない時期

 ー直観的思考期:論理的思考に欠ける時期

具体的操作期(9歳~11、12歳):論理的思考は可能ですが、抽象的な思考は未熟な時期

形式的操作期(12歳~):抽象的な概念に関する思考も発達し、想像上の問題も考えることが出来る時期

物体の永続性の古典的研究【7ヶ月児】

7ヶ月の幼児は、目に見えているものには手を伸ばして触ろうとしますが、ひとたび隠されて見えなくなってしまうと無反応になります。

これは今まで遊んでいたおもちゃを取り上げて、目の前で隠しても同様です。

このことから、7ヶ月児は物体の永続性(目の前から消えても物は存在すること)をまだ理解していないとピアジェは考えました。

A not B エラーの古典的研究

中身が見えない容器を2つ(AとB)を用意して、子どもに見えるようにAにおもちゃを隠して、どちらにおもちゃがあるか当ててもらいます。

子どもはAを選び、無事におもちゃを手に入れることが出来ました。

続いて、同じおもちゃを子どもに見えるようにBにおもちゃを隠して、どちらにおもちゃがあるか当ててもらいます。

すると、子どもはAを選んでしまうのです。

なぜこの現象が生じるのか、いまだはっきりとしたことは分かっていませんが、一説によると、最初におもちゃを見つけられた記憶が作業を妨害しているといわれています。

保存法則の理解の古典的研究

突然ですが、列Aと列Bはどちらの方が丸の数が多いでしょうか?

答えはどちらも同じ、これを読んでいるあなたからすれば簡単ですね。

しかし、前操作期以前(8歳未満)の子どもは、「列Bの方が丸の数が多い」と間違えてしまうのです。

また、同じサイズのコップに入った同じ量の液体の片方を縦長のコップに入れ替えた場合、元のサイズのコップと縦長のコップの液体量は同じでしょうか?

前操作期の子どもは、「液体がコップの高い位置まで入っている方が量が多い」と間違えてしまいます。

これは数や液体の保存法則を理解していないことが原因で、具体的操作期になれば正解するようになります。

三山課題 他者視点の取得段階を検討

課題の内容

この図を見て、子どもがAの位置、人形がBの位置にいるとき、

⑴人形の位置から見える風景を模型で再構築する

⑵人形の位置から見える風景の絵を選択する

⑶1枚の絵から、その風景が見える位置に人形を置く

結果は以下のようになりました。

・4歳未満(前概念的思考段階):課題を理解することが出来ない

・4~7歳(直観的思考段階):自他の視点の区別が出来ない自己中心性を見せた

・7~12歳(具体的操作期):視点の協応が可能

最後に

ピアジェは自身の娘を長期的に観察することによって、これらの知見を得ることが出来ました。

その権威ゆえに、ある程度一般化された理論となっていますが、全ての子どもがこれに当てはまるわけではありません。

発達心理学に関する他の学者の理論も知識に入れて考えるようにしましょう。

エリクソンの心理社会的発達理論はこちら

ハヴィガーストの発達課題はこちら

ここまで閲覧して頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。